line twitter facebook Hatena Google+

知りたい人がいる
知らせたい人がいる
つなげよう
PRの力で


世界初「PRソン」開催

参加学生エントリー受付中

What's PRthon?


PRソンは、ハッカソン、アイデアソンに着想を得て生まれた、第3の「知のマラソン」で、チームに分かれて対象企業や商品のPR方法やPR表現の改善策などを考案し、最終プレゼンによってその優劣を競い合うイベントです。

「価値ある企業・団体や商品・サービスの情報が世の中に広まることなく埋もれているのは社会の損失」という考えから、昨今、PRのニーズは高まり続けています。

しかし、正しいPRの知識やノウハウはおろか、PRとは何かということさえ、世の中にはあまり広まっていません。

そこで、次の時代を担う学生のみなさんに、PRについて楽しみながら学んでもらえるイベントとしてPRソンは企画されました。

広告業界やマスコミ業界に隣接していながら意外と知られていないPRの世界を、チームによるバトル形式で、楽しみながら体験してみませんか?

Prize?

参加学生32名が4名8チームに別れて競う今回のPRソン!気になる賞金は、以下の通り!


優勝賞金30万円
準優勝賞金10万円
3位チームメンバー1人ごとに
Amazonギフト券10,000円分
4位チームメンバー1人ごとに
Amazonギフト券5,000円分
5位チームメンバー1人ごとに
Amazonギフト券3,000円分
参加賞チームメンバー1人ごとに
Amazonギフト券1,000円分

EVENT INFOMATION

開催日時2017年11月10日(金)〜11月11日(土)
開催場所東京都千代田区神田岩本町1-14 KDX秋葉原ビル8F
参加資格都内在住の大学生・大学院生で2日間とも参加できる方
参加費用無料(※会場までの交通費は自己負担となります)
募集人数先着32名
必要な物PCまたはタブレット、筆記用具
備  考イベント時間内は運営から食事と飲み物が提供されます。
チームでの参加はできません。(チームは抽選で決定します)

タイムテーブル

11月10日(金)

17:30受付開始
18:00開会式、オリエンテーション
18:30対象企業ヒアリング(晩御飯を食べながらざっくばらんに!)
20:30グループワーク開始
22:30解散(会場は24時間解放しますので、残って作業も可能です)

11月11日(土)

09:00グループワーク開始
12:00昼食(食べ終わり次第グループワーク再開)
16:00プレゼンテーション大会
17:30表彰式、懇親会(希望者)
20:00解散

審査員


審査委員長

PRソン-エグゼクティブアドバイザー・広報専門家・企業価値協会理事 山見 博康氏

運営審査員

PRソン-総合プロデューサー・企業価値協会代表理事 武井 則夫氏

企業審査員

各企業一名

メディア審査員

株式会社読売新聞東京本社 編集局経済部 編集委員 黒川 茂樹氏

メディア審査員

株式会社産経新聞社 経済本部編集委員 松岡 健夫氏

メディア審査員

株式会社日刊工業新聞社 中小企業部長(元宇都宮大学客員教授) 鈴木 景章氏

メディア審査員

日本テレビ放送網株式会社 経済部記者 大神 櫻子氏

メディア審査員

ジャーナリスト(フジサンケイ ビジネスアイOB)松浦 利幸氏

ゲスト審査員

厚生労働省結核感染症課主査 (※広報業務実績多数) 成瀨 浩史氏

ゲスト審査員

国際コラムニスト ケビン・クローン(Kevin Clone)氏

ゲスト審査員

PwCコンサルティング合同会社デジタルサービス日本統括パートナー 松永エリック・匡史氏

ENTRY

エントリー

INFORMATION

お問い合わせ

メディアの方はこちら

ORGANIZER


主催:一般社団法人企業価値協会

中小企業が持つ独自の特徴的な価値を評価、認定している一般社団法人で、「お客様や社会から強く支持される優れた特徴的価値を発見し、お客様に伝達し、価値の進化を促す」ことをコンセプトとして活動しており、2017年9月現在の認定企業数は100を超えています。その活動は、中小企業庁や中小企業基盤整備機構機構などのバックアップも受け、主要な新聞やTV局にも大きく取り上げられているほど注目されています。

http://www.valueprize.jp

企画運営:BACKDOOR

学生によるクリエイティブな企画によって、学生が社会で才能を発揮するための接点(=裏口)を学生自ら増やすことを目指して活動する学生クリエイティブ集団です。

http://backdoor.tokyo

広報:PRJD

現役のPRパーソンである流郷綾乃によって企画された女子大生広報ユニットで、ユニットとしてPR
を担い、その活動を通じてPRという概念そのものや正しい方法の啓蒙を目的として活動しています。

http://prjd.info